「中古物件の購入やリノベーションに興味がある!」「リノベーションをしてみたい!」
という方は年々増えているように感じます。ですが、
「リノベってよく聞くけどいったいなに?」「リフォームとどう違うの?」と疑問に思っている方や、
興味はあっても「いまいちイメージを掴めていない」方も多いようです。

そこで、今回の記事では「リノベーションの魅力」や「流れ」「注意点」などをご紹介。
リノベについてもっと知りたい!リノベのことを教えて欲しい!という「リノベビギナー」の方のための記事です。

WHAT IS RENOVATION

そもそもリノベーションってなに?

近年登場した「リノベーション」という単語。
「リフォームの別の言い方?」「リフォームと何が違うの?」と、疑問に思う方が多いようです。
リフォームとリノベーションの明確な区別は難しいところですが、近年使われはじめたリノベーションという言葉の意味で言えば
「住まいを一新して新たな価値を生み出すこと」といえるのではないでしょうか。

従来のリフォームでは、「古くなった設備の交換」「はがれたクロスや床の張替え」など、老朽化した部分の修理や交換を行うことで、「建物を新築の状態に戻す」ことがなされていました。
一方リノベーションでは、「間取りの変更」や「デザイン・設計の一新」を行うことで、「建物を新築の状態に戻す」と同時に
新築の状態よりも「機能性やデザイン性を向上させる」ことをいいます。
簡単に説明すると、「リフォームは修理修繕」「リノベーションは新しく生まれ変わる」といえます。

リノベーションとリフォームの違い

リフォームは修理修繕
リノベーションは新しく生まれ変わる
1
RENOVATION CHARM

リノベーションの魅力

リノベーションの意味が分かったところで、今度は魅力をご紹介。
リノベーションの魅力は、なんといても「自由なところ!」住みたい家を自分の好みにデザイン、改築することです。
すでに完成された新築物件よりも、住む人に住みやすく、使いやすい家を追求することが可能。リノベーションは、自分の思い描いた家をそのまま実現することができます。

2
RECOMMEND TO PEOPLE

リノベーションはこんな人にオススメ

①購入費用を抑えたい

中古物件×リノベーションは、新築に比べて大幅に購入費用を抑えることができます。
購入する物件やリノベーションの内容によって異なりますが、平均しても新築物件の3分の2程度のコストで購入が可能です。

②好立地の物件に住みたい

中古物件×リノベーションだと、新築よりも好立地の物件を低価格で購入することができます。
中古物件であれば、都内の人気スポットでも新築価格よりも低価格。間取りと築年数によっては、半額以下で購入も可能です。

東京都の新築マンションと中古マンションの平均価格の比較

③たくさんの物件から選びたい

中古物件は新築に比べても種類が豊富。
新築に限って物件を探そうとすると、好立地好条件の中々見つからないものです。ですが、数の多い中古物件なら手の出しにくい駅近の物件など、住みたい場所の物件がいくつも見つかります。

東京都の新築マンションと中古マンションの物件数の比較

④自分だけの家に住みたい

なんといっても、中古物件×リノベーションは、自分の思い通りの家を作ることができます。
すでに完成された新築物件とは違い、住む人や家族構成によって間取りやデザインを自由に変えられます。

3
RENOVATION COST

リノベーションの費用目安

工事の対応をする業者や規模によって変動しますが、リノベーションの費用は1㎡で10万円~15万円が目安です。
ひと部屋のみ、キッチンのみなどの小規模リフォームであれば10万円以下、ハイグレードのリノベーションの場合は1㎡20万円、30万円と高価格になっていきます。

4
RENOVATION FLOW

物件購入からリノベーションまでの流れ

個人によって前後することもありますが、購入からリノベーション工事までは物件探し→契約→打ち合わせ→工事の順で進みます。
工事までをスムーズに行うポイントとしては、物件探しの段階で理想のリノベーション像を思い描いておくこと。デザインなどの細かい部分はさておき、「こんな間取りにしたい」などの案があると良いでしょう。

リノベハウスでのリノベーションまでの詳しい流れについては、
トップページのご利用の流れ」や「密着!リノベ物件ができるまで」をご参考ください。

5
CAREFUL POINT

リノベーションの注意点

①金利が高くなりがち

中古物件×リノベーションは、新築に比べて金利が高くなる可能性があります。
中古物件だと住宅ローン減税が受けられない場合があるため、新築に比べて金利面での負担がかかることがあります。

金利やローンについては、銀行やプランによって条件がことなります。新築よりもいい条件で融資を受けられることもあるので、まずは仲介してくれる不動産会社や銀行にしっかりと相談することが大切です。

②設計の自由度が下がることがある

購入する物件の構造によっては、自由な設計が硬軟な場合があります。
建物の給排水管の構造によっては、キッチンやお風呂などの水回りの設備の設定場所に制限がかかることがあります。また建物を支えている壁や柱によっては、自由に間取り変更ができない場合もあります。

リノベーションの自由度を高めるためにも、購入前には建物の調査が大切です。建物の構造については素人目には分からないことも多いので、不動産会社や建築会社にアドバイスをもらうと良いでしょう。

③工事過程で費用が上がることがある

建物の構造やリノベーションの内容によって、予定通り進まなかったり追加工事が発生してしまうこともあります。部屋を解体してから、はじめて欠陥や問題が発見されることも珍しくはありません。こういった問題も想定して費用を組むほか、事前にどういう場合に追加費用や施工が発生するのかを把握しておく必要があります。

④物件によって耐久性に不安が出る

中古物件であることから、新築に比べても耐震性や強度の不安が高まることは事実です。
1981年の6月以降に建てられた「新耐震基準の物件」であれば、それほど大きな心配はありません。しかしそれ以前の「旧耐震基準の物件」は、注意や補強が必要になる可能性があります。

購入後に不安を残さないためにも、事前に耐震強度の調査が必要です。

⑤住むまでに時間がかかる

中古×リノベーションは、物件探しから実際に住むまでに時間がかかってしまいます。
探し方や工事の内容にもよりますが、平均しても住み始めるまでに3ヶ月。予定通りに工事が進まなかった場合には、期間が延長されてしまいます。その間の住まいの家賃やローンの費用についてもしっかりと考えておかないといけません。